沖縄シュノーケリングと聞くと、必然的に夏を想像してしまう人が多いですが、それは本土に適用されることだと考えてください。沖縄は夏だけではなく、シーズンを通してシュノーケリングからスキューバーダイビングと楽しむことができます。意外と知っていることで大きな意味を持つことになります。

シーズンは夏だけではない

夏以外でも海に入ることができるのは沖縄です。ただし夏以外となると寒くなることもありますので、防寒用具は揃えておきましょう。ツアーに参加するとき、ショップの方から説明がありますのでよく聞いておきましょう。ショップの方も夏以外の防寒対策を行っていますので、それほど心配することはありません。

防寒と言っても本土のような寒さではなく、夏に比べると水温が低くなり外気温も低くなることから肌寒くなる程度だと考えてください。ただし体感というのは人によって変わってきますので、夏以外の海が沖縄であったとしても寒いと感じることもあるでしょう。

夏以外を選ぶと良いことが起きる

有名なスポットになると、順番が来るまで数時間待たされることも珍しいことではありません。しかし夏以外になれば、そのようなことが少なくなります。朝や人がいない時間帯の方が海水が澄んでいるスポットもあり、神秘的な景色を見ることもできますので楽しめます。その点からみても夏以外のシーズンの方が楽しめるのも、沖縄シュノーケリングやスキューバーダイビングです。

沖縄に向かう便も格安になることが多い

シーズンオフになることから、飛行機のチケットが安くなったり、ホテルの宿泊料金も安くなることが多いです。このようなメリットも夏以外だからこそ恩恵を受けることができます。

夏以外の沖縄を楽しもう

夏だけ沖縄の海が楽しめるわけではありません。それ以外も海に入ることができ、しかも利用者が恩恵を受けることが多いことも知っておきましょう。意外と賢い使い方ができる方法になり、おすすめできる沖縄シュノーケリングの楽しみ方です。

関連する記事